シャワーの水漏れ調査方法の詳細

シャワー水漏れの原因はこれだ

シャワーの水漏れの原因候補「ゴム」

シャワーの水漏れの原因候補「ゴム」 入浴中にほとんどの人がシャワーを使って体や髪の毛を洗いますが、ポタポタと水漏れがすると深いですよね。
水が漏れだす原因はいくつか考えられますが、ヘッド部分のトラブルが考えられないならシャワーのホース部分に何らかのアクシデントが発生した可能性を考えた方がいいでしょう。
シャワーヘッドとホースの部分をつなぐ部分に、パッキンの代わりにOリングと呼ばれているゴムでできた円形の部品があります。
この部品が経年劣化していたり、傷がたくさんついていたり、もしくは切断されていると使用中にお湯が流れ出してしまうのです。
このような原因で水漏れが起こっている場合は、メーカーのお客様相談窓口に問い合わせをすれば、新品のOリングを販売してくれます。
電話をする前にホースの品番をメモしておくと手続きが短縮化されます。
もちろん、ホームセンターでも家庭用のOリングが売られていますが、確実に自宅のシャワーに合うものがいいならメーカー製のものがベストです。

シャワーヘッドパッキンが原因の水漏れがあったらヘッドも交換しましょう!

シャワーヘッドパッキンが原因の水漏れがあったらヘッドも交換しましょう! 風呂場に設置してあるシャワー設備は、ヘッド部分を交換し、出てくる水の水圧や水滴の種類を変えることができます。
中にはヘッドにワンタッチで水をストップさせる機構が付属しているものもあり、節水にも便利になっています。
しかしよく使う設備ですからときどきトラブルがあって、やはり多いのが水漏れです。
場所は先ほどのシャワーヘッドの交換取り付け部からが多く、原因はパッキンの劣化やヘッド交換時にダメージを受けたときに入った傷であることが多いです。
この部品は水道設備メーカーによって規格があり、単品で購入、交換することができるようになっています。
しかしこれを交換するよりは、シャワーヘッドを購入すればこの部品は付属していることがあり、大事に保存しておけばワザワザ購入する必要がありません。
紛失しやすい部品で、しょっちゅう交換するものでもないし安価でもありますから、その都度購入してもいいのですが、どうしても部品を購入できない、入手できないときは輪ゴムなどやシールテープで代用できることがあります。
柔らかくしなやかな材料であれば代用できるのですが、長持ちはしません。
あくまでも応急処置になります。
どうしても部品単体が見つからなければ、シャワーヘッドを購入して、それを取り付ければヘッドもパッキンも新しくできますから、この方法をおすすめします。
新しいものはなんでも気持ちがいいものです。