シャワーの水漏れ調査方法の詳細

シャワー水漏れの原因はこれだ

シャワーの水漏れの原因候補「水を供給するパイプ」

シャワーの水漏れの原因候補「水を供給するパイプ」 シャワーから水漏れがする時は様々な原因がありますが、多くの場合はシャワーヘッドの内部にある残流水が溢れただけで、あまり心配する必要はありません。
それ以外が原因の場合は、使用している間にバルブやナットがゆるんでしまった、シャワーヘッド本体やバルブが故障した、水を供給するパイプや配管が経年劣化したなどが考えられます。
シャワーに水を供給するためのパイプは大半が塩化ビニル製で、あまり熱に強くありません。
そのため長年の間熱湯が流れるたびに熱が塩化ビニルを反応させて伸びてしまい、伸びて劣化した塩化ビニルの一部が破損して水漏れを起こしてしまうのです。
水を供給するための塩化ビニルは、水回りの修理業者等に工事を依頼をすれば簡単に交換してもらえます。
水回りの修理は初動が肝心です。
素人判断で検討違いな修理をするとかえって被害を拡大させてしまう恐れがあるため、水が漏れているのを発見したら早めに修理業者に連絡しましょう。

シャワーホースの金属の繋ぎ目の水漏れ原因はパッキンの劣化

シャワーホースの金属の繋ぎ目の水漏れ原因はパッキンの劣化 シャワーホースから水漏れが起きてしまうのは、ホース自体の老朽化から、損傷などが生じてしまっていることが原因です。
一般的に寿命はおよそ10年ほどですが、使い方や環境によっても大きな違いがでてきます。
無理に使い続けてしまうとシャワーのヘッド部分や本体に大きな負担をあけることにも繋がるため不具合を確認した時点で、すぐにでも対処しておくことが必要です。
本体と繋げているつなぎ目に使っているパッキンなどが古くなってそこから水が漏れてしまうことがあります。
その都度応急処置をすることも可能ですが、すぐに水漏れしてしまうため応急処置ではなくしっかり直すことが大切です。
水が漏れている箇所がシャワーホースとの金属の繋ぎ目部分の場合にはパッキンの劣化、ホース部分の場合にはシャワーホースの損傷が原因です。
新しいものに交換すると水が漏れてしまうということは解消します。
まずはどこから漏水しているか確認することが大切です。